“ただのやさしい人”扱いで満足するな! やさしい人の印象から脱却するための対策方法4つ

世の中、“やさしい”という強みだけでは、女性から注目されたり、愛されるには至らないもの。
むしろ、そのやさしさが足手まといになって、恋愛という戦場において他の男性陣に負けてしまう場合もあります。

そこで今回は、周囲の人たちから“ただのやさしい人”というイメージを抱かれ、恋愛不利に陥りがちな男性の特徴と、“ただのやさしい人”という印象から脱却するための対策方法について、いくつかご紹介したいと思います。

“ただのやさしい人”扱いされる男性の特徴①|引っ込み思案で自意識過剰

image1

まずは、引っ込み思案の性格であるとか、やや自意識過剰気質のある男性というのは、それが災いしてなかなか女性に積極的なアプローチができません。

引っ込み思案の男性は、そもそも女性にアタックする勇気がなく、自意識過剰な男性は、自分の魅力を過信してばかりで、現状に甘んじるばかり…。

結果的にこういう男性は、女性からは「ただのやさしい人」という印象を抱かれるだけで、「この人と付き合ったら……」という将来的発展性を抱かせることができず、恋愛弱者に陥る可能性が極めて高い人と言えるでしょう。

“ただのやさしい人”扱いされる男性の特徴②|自分の意志表示ができない

image2

やさしい人というのは、結局のところ“自分がない”ため、周囲からも目立ちにく存在であると認識することも大切です。

ただ単にやさしいだけの男性が何故モテないのか…。
その原因は、特別コレといった印象がなく、そもそも恋愛の土俵にすら立てていない可能性が高いのです。”やさしい人”という言葉で、逃げられているとも言えるかもしれません。
恋愛する上で、時には、誰かと対立してでも、自分を“キャラ立ち”して立ち向かう必要もあるのです。

“ただのやさしい人”扱いされる男性の特徴③|見た目の印象が薄い

image3

繰り返しになりますが、女性から「やさしい人」扱いされる男性は、決して褒められているわけではありません。ほとんどの場合は、そこしか褒めるポイントがないために、印象が薄い人の裏返し表現だったりもします。

そして印象が薄い人というのは、外見にも顕著に現れます。
ファッションやヘアスタイル。いずれも凡庸なら、そこら辺に山ほどいる、普通の男性と同じ扱いを受けて当然。その上、やさしいだけであれば、なおのこと余計に凡百の男性とまったく変わりません。
見た目の印象というのは、意外なほど、その人のイメージを決定付ける要素になり得るのです。

“ただのやさしい人”扱いされる男性の特徴④|やさしさが過剰過ぎる

image4

それから、女性はあまりにも掛け値なしのやさしい振る舞い、度が過ぎるほどの過剰な気遣いを見せてくる男性に対しては、素直にやさしいではなく「何か裏があるのではないか…!?」という怪しい印象を抱きます。

過剰なやさしい人アピールは、逆にイメージの悪化に繋がることもあるのです。
特に、比較的付き合いの長い女性から、いつもやさしい人という印象を告げられる男性は、時として妙なレッテルを貼られる原因を自ら作っていると心得た方が良いでしょう。

対策方法①▶強引さと図々しさを身につける

image5

ではここからは、これまでにご紹介した“ただのやさしい人”という印象から脱却するための具体的な対策方法について説明していきましょう。

まずは、特徴①で挙げた“引っ込み思案”、“自意識過剰”についての対策ですが、これは意外にシンプルです。
引っ込み思案を解消するには、ある程度の強引さ。そして自意識過剰から来るスカをなくすには、自分を買いかぶり過ぎずに、積極的に女性へアタックする図々しさを身につけることです。

結局のところモテる男性ほど、恋愛に貪欲で行動も積極的ですし、女性に過剰な配慮を見せないケースも多いんですよね。
「誰かが陰で女性に親切な自分を見ていてくれる」などという淡い幻想を抱かないことが大切です。

対策方法②▶空気を読まずにNOと言える機会を増やす

image6

続いて特徴②で挙げた、“他者と意見が対立しても拮抗せず、すぐに波風が立たないように意見を取り下げる”という生き方では、女性に対して魅力的な男性像を示すことができず、はっきり言ってモテません。

やはり、自分の意思を述べるタイミングでは、周囲の空気など一切気にせず毅然と意思表示をすることも大切です。
そしてこの場合、何とか取り繕って誤魔化しながら女性向けのイメージ脱却だけをやっても意味がありませんので、同性に対しても同じくイメージを刷新させるための意思をきっぱり示していく必要があります。でないと、整合性がとれず意外なシーンで墓穴を掘ることにもなりかねませんし……。
いつも周囲に従うYESマンではなく、時にはっきりNOと言える意思の堅さを示していきましょう。

対策方法③▶平凡な見た目をイメチェンする

image7

人は見た目で判断される生き物。ですので、特徴③でご紹介した見た目が原因でなめられるケースもオトナとはいえ十分にあり得ます。
やさしい人という扱いは決して褒めているのではなく、下手を打つと女性からすればひ弱な恋愛対象外と目される、事実上の戦力外通告。

そして見た目でなめられるケースというのは、平凡な外見に起因することが多いのです。
このように、悪い意味で“ただのやさしい人”と目される印象を改善するためには、ある種ダメ元を覚悟したイメージチェンジも必要。

たとえばファッション雑誌を眺めて、着こなしを真似てみるのもいいですし、美容師にお任せしてヘアスタイルを変えてみるのもいいでしょう。
他にも、周囲のオシャレな知人にアドバイスをもらうなど、今までのイメージを脱却する努力をすることは非常に有効です。

対策方法④▶惜しみないやさしさは、付き合ってから見せる

image8

特徴④でも触れましたが、付き合う前の段階から、妙にやさしい側面を見せすぎると、そのせいで逆に裏があるのではと警戒されることがあります。

ここまでご紹介してきたように、実のところ「やさしい人」という印象は、恋愛面ではあまりメリットと呼べないモテ対策なんですよね。

やさしい印象をアピールするよりも、男らしさや頼りがいをアピールする方がまだマシということです。
惜しみないやさしさは、目当ての女性と付き合うことができてから、存分に見せ付けることにしましょう。

ということで、今回は周囲の人たちから“ただのやさしい人”というイメージを抱かれ、恋愛不利に陥りがちな男性の特徴と、“ただのやさしい人”という印象から脱却するための対策方法について、ご紹介してみました。

やさしさって対人関係においては欠かせないものですが、それって実のところ最低限持ち合わせていれば十分なのです。
それよりも、もっと重視すべきモテ対策は沢山あります。

まず男性であれば、女性からやさしい人という印象を告げられて満足してしまう安っぽい自分を排除することからはじめてみてはいかがでしょうか。

恋愛・デート #やさしい人 #イメージ #印象 #特徴 #対策

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。