「勃たない…」「ムラムラしない…」 男性が陥る“性欲減退”の原因と対処法

男性の性欲減退は、おもに加齢によって起きるものですが、稀に若いうちから性欲が減少してしまうケースもあります。
もともとの性格や体質の影響ではなく「エッチなシチュエーションでも勃たなくなった…」「ムラムラすることが減った…」など昔に比べて性欲に衰えを感じる場合は要注意。
今回は、男性が陥る性欲減退の原因と対処法についてご紹介したいと思います。

原因①|仕事や人間関係のストレス

image1

「仕事で成果を出せない…」「上司からパワハラを受けている」など、過剰なストレスを溜め込んではいませんか?

精神的なストレスによって自律神経のバランスが崩れると、性欲を維持している男性ホルモン(テストステロン)の分泌が減少します。そしてこの男性ホルモンの量は、性欲の大きさに直結するため男性ホルモンの分泌が減少すると性欲の低下を招いてしまいます。

性欲が湧かない場合は「最近嫌なことが多くてやる気がしない」と気力や体力の問題だけではなく、体内では神経へのダメージやホルモンの分泌異常が起きている可能性もあるのです。

原因②|性生活がマンネリ化している

image2

『妻だけED』という症状はご存知ですか?

「他の女性とは性行為できるのに妻とだけはデキない…」という厄介な症状のひとつ。この『妻だけED』という症状は、たとえ性行為の相手が妻だけでなく彼女の場合も同様のケースが起こります。

自分では気づきにくいですが、普段から2人の関係が上手くいっていない場合や精神的な刺激が不足してることが主な原因。また、性行為の相手から「やめて」「今日は無理」など傷つく一言が原因で、拒絶されたというストレスやプレッシャーを受けた場合も、特定の女性を相手にした時だけ勃起不全や性欲減退を引き起こすこともあるようです。

原因③|栄養バランスが偏った食生活

image3

普段の食事でインスタント食品やジャンクフードばかり食べてはいませんか?

食事で摂取する栄養は、男性ホルモンの分泌量に大きく関与します。
インスタント食品に含まれる「添加物」は体に必要な栄養の吸収を阻害し、栄養の偏ったメニューばかりを摂取しているとホルモンバランスが崩れ、性欲が減る可能性に繋がります。

特にメタボや肥満体型の男性は、内臓脂肪の増加が原因で血行不良に陥ると勃起不全になりやすく、その影響で男性ホルモンの分泌する量が減り、性欲低下を招く危険性もあります。

原因④|運動不足と睡眠不足

image4

「デスクワークばかりで運動不足」「仕事が忙しくて十分な睡眠を取れていない」という人も、男性ホルモンが減少している可能性があります。

運動不足が深刻化して体が血行不良に陥ると、勃起不全や性欲低下に繋がりやすくなります。また、性欲を維持・向上させるために必要な男性ホルモンは、ほぼ睡眠中に分泌されることから、睡眠不足は性欲減退に直結する恐れもあるのです。


以上がおもに男性の性欲減退を招く原因4つ。当てはまる項目が多い人ほど深刻化する前に対策が必要です。
次項からは、性欲減退を改善するための対処法についてご紹介したいと思います。

対処法①|「たんぱく質」と「亜鉛」を摂取

image5

男性ホルモンを生成する上で必要になる栄養素はおもに「たんぱく質」と「亜鉛」。特に普段から外食やコンビニ弁当が多い男性は、意識的に「たんぱく質」と「亜鉛」を摂取すると良いでしょう。

「たんぱく質」が多く含まれる食材
→卵、大豆、赤身の肉類、魚など…
「亜鉛」が多く含まれる食材
→牡蠣、うなぎ、牛肉、チーズ、レバーなど…

もし「1人暮らしでついつい外食が多くなる」「仕事が忙しくて料理を作るのが面倒くさい」という男性は、サプリで摂取すると良いでしょう。

対処法②|適度に運動する

image6

性欲の維持・向上のために男性ホルモンを増やすには、運動して血流を良くしたり筋肉量を高めることが重要。また運動には「スローランニング」や「軽い筋トレ」などがおすすめです。週2~3回程度、無理のないペースで行った方が効率的に男性ホルモンの分泌を促すことができます。

一方、激しい運動を継続的に行うと、逆に男性ホルモンが異常に消費されてしまう恐れもありますので、運動をする時は”適度に”を念頭に実践しましょう。

対処法③|タバコや飲酒を控える

image7

性欲減退だけでなく不妊症の原因も招きかねないタバコは、血流を悪くし過度な飲酒は肝機能を低下させ、男性ホルモンの分泌を減少させます。

「タバコやお酒がないとイライラしてしまう…」「ストレス発散ができない…」という男性は、他のストレス発散方法を見つけるべきでしょう。

対処法④|病院で治療する

image8

性欲減退が著しい場合は、セルフケアだけでなく病院での検査・治療をおすすめします。

分泌が減少している男性ホルモンを注射や飲み薬で体内へ注入する「ホルモン治療」をはじめ、症状によってED治療やカウンセリング治療を行います。

もし病院で治療を受けたい場合は「泌尿器科」に相談してみてください。

性欲の量は、男性ホルモンの量に比例します。 ストレスや不規則な生活に心当たりがあり、性欲減退に悩んでいる男性は、できるだけ多くの対処法を取り入れてみましょう。慢性化する前に男性ホルモンを増やす処置が必要です。

健康・メンズ美容 #性欲 #減る #原因 #対処法 #男性ホルモン

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。
関連記事

洗濯しているのにクサい!「衣服」に染みついて落ちにくい“ニオイの元”を取り除く方法5つ

安井カナ

我慢しては心身ともにストレス! ムラムラとわき上がる男性の「性欲発散方法」5つ

松本 ミゾレ

30代になってモテなくなる男性に共通するあるあるの特徴3つ

藤本 由佳

35歳以降の男性が身に染みて実感する衰え…セックス中に相手の女性を萎えさせる大罪的原因5つ

松本 ミゾレ

「なぜか最近、肌荒れがひどいな…」春の季節によく男性が引き起こす肌トラブルの原因5つ

安井カナ

目の下にできる「クマ」の原因と解消法って? オトコの表情を魅力的に変える“目力”の鍛え方!

猫女

女性を目の前にすると極度にアガッてしまう男性へ…女性と緊張せずに話す方法

松本 ミゾレ