20代後半の「アラサー女子」が婚活に励む理由。結婚相手の男に求める条件とは

女性にとって30歳になる前に結婚したいという願望は強いようで、20代後半のいわゆる”アラサー世代”では、積極的に婚活に励む人が増えているようです。

そんな女性たちが婚活に励む理由、結婚相手の男に求める条件についてまとめてみました。

30過ぎたら売れ残り!? 女性が婚活に焦るワケとは?

30過ぎての結婚は、もはや売れ残りというイメージが強いようで、なんとか20代のうちに結婚したいという女性は多いようです。

婚活を長く続けていくと、お金も時間もかかってしまうため、長い婚活を続けていくうちに婚活にかけたお金を取り戻そうと、相手に求める理想が高くなっていく傾向があります。

そして男性のニーズは20代前半の比較的若い女性達に集中しているので、30代を間近に控えた女性たちが婚活に励む理由には、こうした事情があるからなのです。

20代後半の女性が結婚相手に求める一番の要素は「経済力」

結婚生活をしていく上で、まず求められることといえば経済力という答えが多いようです。

20代女性は結婚したら専業主婦になりたいと思っている人も意外に多く、そうなると相手に求める年収もそれなりにハードルが高くなっていきます。

一般的には年収400~500万以上という条件が多い中、1000万以上という玉の輿を狙っている人もそれなりにいるようです。

経済力の次は?家族としての「包容力」「やさしさ」もポイント

彼氏に求めることと、結婚相手に求めることが異なっているのも特徴的です。

彼氏に対しては容姿などの要素も上位に入ってきましたが、結婚相手になると包容力・やさしさも重要な選定ポイントになります。これには、家族に対する愛情がある人でないと、その人の子供を産む気になれないという意見が多数を占めているようです。

20代~30代を通して上位3要素はほぼ変わらないという面白い結果になっています。

年齢を重ねるにつれて見た目は二の次になってくる?

20代前半の若い女性には、上位3要素に加えて背が高いなど、見た目を重要視する傾向があります。

しかし年齢を重ねるに従って、見た目は徐々に優先度が下がり、家事全般ができることなど結婚生活の中でのサポート能力を求める人が増えてくる傾向があるようです。

理想を求める中で、現実と向き合っていくうちに、容姿に対する優先度が下がってくるということは、見た目がカッコよくなくても大いにチャンスがあるということになりますね。

婚活に励む女性にとって、結婚相手の男に求める条件は年齢によって大きく変わっていきます。
婚活に参加する女性の中には理想が高い人もいますが、年収など目にみえるアピールは一過性や競争も激しいため、あまりおすすめできません。婚活中の女性には、年収などのアピールよりは、結婚という現実に向けて「家事能力」など結婚生活で役に立つ能力を身につけておく、アピールしていくことが意外と大事だったりしますよ。

Cover画像: weheartit.com

恋愛・デート #20代後半 #婚活 #結婚 #アラサー女子 #焦る #理由 #条件 #経済力 #家事 #年齢

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー