「それ言っちゃダメでしょ…」女性を自宅に誘う際、間違いなく嫌われる要注意なセリフ6パターン

デートの終盤や終電間際になると、女性を自宅に誘うべきかどうか…頭をよぎる瞬間って少なからず訪れますよね。
このときに、どんなセリフで相手の女性からOKをもらえばいいのか、人によって考え方は異なるものです。

基本的には、相手の女性が自分に好意を抱いていれば、大抵は上手く誘うことに成功するのですが、言葉のチョイスによっては失敗することだって考えられます。
そしてときに、明らかに「それ言っちゃダメでしょ…」的な誘い文句のセリフを使い、せっかくのチャンスをふいにしてしまう男性もしばしば見かけます。

そこで今回は、女性を自宅に誘う際、間違いなく嫌われるセリフ6パターンをご紹介したいと思います。どうでもいい見栄なのか、プライドから生じる焦りなのか……とにかく男性陣は要注意です。

パターン①|「うちに可愛い犬(ないし猫)がいるから見に来ない?」

image1

昨今はペットブームと言われますが、一人暮らしの男性でも、犬や猫と暮らしているという世帯が増えているようです。

ペットって家族ですよね。そこにいるだけで癒される素晴らしい存在です。
ところが男性の中には「可愛い犬(あるいは猫)いるから見においでよ」などと、飼っているペットをまるで女性を自宅に誘うための道具のように扱う人もいるようです。

しかし、ペットをダシに使い女性を自宅に招くような誘い文句は、不誠実な理由からペットを飼っていると認識されて、人によっては反感を買うだけ。ましてやこのご時世、ペットを溺愛する独身女性は、意外なほど多いのです。

ともすれば相手の女性にとっては「自分史上最低のオトコ」という烙印を押されてしまいますので、くれぐれも慎重に判断すべきでしょう。

パターン②|「俺の部屋で宅飲みしよっか」

image2

相手の女性との距離感、関係性によって成否がわかれやすいのが、女性を自宅に誘うというアクションです。

あまりにもありきたりな誘い文句では、相手の女性に思惑を見透かされたり、下心に警戒されることもありますので、できればありがちというか、メジャーな手は避けたいところ。

その点でいえば、「美味しいお酒があるんだけど」や「宅飲みしよっか」などの、散々使い古され、見え透いた欲求が丸見えの言葉は、避けた方が無難でしょう。

もし、この手のセリフを使って自宅に誘うなら「今さら嫌われる心配もない」と確信できるほど、それなりに相当数のデートをこなしてからですね。

パターン③|「2人きりで相談したいことがある」

image3

とにかく相手の女性を自宅に誘うことに必死な男性が、しばしば口にするセリフ「2人きりで相談したいことがあるんだけど」。

これもやはり、相手の女性によっては「個室の居酒屋とかで良くない?」や「下心丸出しに思えるんだけど」といったような疑念を抱く原因に繋がるケースもあります。

少々残酷な言い方ですが、思惑を露にしないよう浅い努力をした男性が思いつく苦肉の策のようにすら感じてしまいます。

ケースバイケースではあるのですが、女性を自宅に誘うときは、この手のセリフは逆効果になりかねないことを覚えておきましょう。

パターン④|「ちょっとぐらいなら、ウチ寄ってってもいいよ」

image4

ごく稀に、奇をてらいすぎて意味のない言葉を使ったために、女性を自宅に誘うという目的に思いっきり失敗し、かなり嫌われる男性がいます。

たとえばデートの終盤、まだそこまで親密になっていない相手に対して「あ、ちょっと部屋に上がってく? 少しぐらいならいいけど」のように、妙にスカした態度で誘った結果、ものの見事に相手の女性から反感を買ってしまう男性…。

大前提として、こういう言葉はよほどのイケメンな男性以外は、逆効果になるケースがほとんど。

別に相手が「家に行きたい」などと要求していないにも関わらず、さも“相手の方が自分の部屋に入りたがっている”という勘違いから話を進める行為は、間違いなく嫌われます。

パターン⑤|「そういえば○○買ったんだ。見たことないでしょ?見たい?」

image5

女性を自宅に誘う際は、極力相手から不信感を抱かれないことが大事なのですが、ついつい自宅に置いてある高級家具や家電、珍しいものを自慢したくなるのが男性という生き物。自慢アピールで自尊心を満たしつつ、ついでに隙あれば自宅に誘い込もうとする算段ですね。

この手の自慢アピールは、率直にいって嫌味に捉えられてしまう可能性が非常に高く、今どきの手口としてはやや時代遅れ感もあり、なんだかんだ連れ込む気満々な下心がバレバレ。

ほとんどの女性にとっては「なんか鼻につくな…」とマイナスの印象を受けてしまうのがオチでしょう。
誘いのセリフとしては、あまり優秀とはいえません……。

パターン⑥|「エッチとかしないから、上がっていきなよ」

image6

それから、やたら友達同士であることを強調したり、「エッチなこととかしないから上がってってよ」 みたいなクドイ発言を連呼する男性も、嫌われる可能性が高いといえるでしょう。

まず「エッチなこととかしないし」という言葉尻一つとっても、相手の女性にしてみれば「何勝手にそういう話に持っていこうとしてんの? こっちのセリフなんだけど…」と反感を買うでしょうし、友達推しにしてみたって、男女のオトナが2人きりで密室に入れば、そんなものはキッカケ一つで簡単に崩れることぐらい女性もしっかり認識しています。

ですので、この手の発言は、10代同士の恋愛ならまだしも、オトナの恋愛に用いるには少々型落ちというか、役不足。簡単に見透かされて早々に嫌われるのがオチでしょう。

と、ここまで色々と書いてきましたが、では結局どういうセリフで女性を自宅に誘うのが最も有効なのかについて、思い悩む男性の方もきっといることでしょう。

私見ではありますが、やっぱり一番の決め手になるのは「誠実さ」ではないかと思います。
女性を自宅に誘いたいという願望、下心を正直に吐露し、その上で真剣に関係構築したい意思を示せば、今後いくらでも発展する可能性は残されていますし、たとえその場で拒否されたとしても、発言一つで嫌われて関係性が終わってしまうよりはマシなはず。

反感を抱かせず、失笑もさせないことが、女性を自宅に誘う上で嫌われない、まさしく正攻法になることでしょう。

恋愛・デート #自宅 #誘う #嫌われる #セリフ #言葉 #発言

この記事のライター
松本 ミゾレ
松本 ミゾレ
2013年よりフリーで活動開始。自宅に引きこもり原稿をこなす日々で慢性腰痛に。 趣味は怪獣フィギュア収集。 特技は猫あやしと怪獣フィギュア製作。 座右の銘は“休まず書け”で、野菜ソムリエの資格を持つ野菜嫌い。