外出中のうっかり汚れ! 洋服のシミ抜きに覚えておきたい「応急処置」のやり方

大人の男性たるものファッションにも気を使いたいですよね。 いくらブランドものを身につけ着こなしがキマッていても、洋服にシミがついていたら見た目の印象も台無し…。特に人前に立つことの多いビジネスマンはマナーとしても絶対に避けたいところ。
そこで今回は、外出中にうっかり染み付いたシミの汚れの応急処置として覚えておきたいシミ抜き方法をご紹介。「水性」「油性」それぞれで落とし方も異なります。

シミには「水溶性」「油性」2つの性質があります

image1

外出先でうっかりコーヒーや食べ物を洋服にこぼしてしまい、自宅に帰った時には洗濯しても落ちにくいカピカピのシミになってしまった…。 お気に入りの洋服を無駄にしないためにも、まずはシミ抜きの応急処置について知っておきましょう。

シミには、2通りの性質があります。1つ目は水や洗剤で落ちやすい『水溶性』と、2つ目がベンジンやアルコールなどを使って落とす『油性』のシミ。 一言でシミとはいえ、シミの種類が異なれば応急処置のやり方も変わります。

『水溶性』のシミの応急処置方法

image2

醤油・コーヒー・紅茶・ジュース・ビールなどのシミが『水溶性のシミ』です。

応急処置のやり方は、まず①乾いたティッシュペーパーを水に浸し、シミがついた箇所に軽く濡らします。続いて②シミの裏側に乾いたハンカチを当て、濡れたティッシュペーパーを強く押さえつけるようにしてシミを移し取ります。最後に③シミが移し取れたら乾いたティッシュペーパーで洋服の水分を吸い取り、自然乾燥させて完了です。

『油性』のシミの応急処置方法

image3

ケチャップ・カレー・チョコレート・バター・油性インク・口紅などが『油性のシミ』です。

応急処置のやり方は、まず①乾いたティッシュペーパーもしくは乾いた布を使い、汚れがついた箇所を押さえつけるようにして油分を吸い取ります。続いて②ティッシュペーパーを水に濡らし、ハンドソープや台所用洗剤を少量混ぜます。そして③シミの裏側に乾いたハンカチを当て、濡れたティッシュペーパーでシミの周りから叩くように拭き取ります。最後に④乾いたティッシュペーパーで水分をよく拭き取り、自然乾燥させて完了です。

自宅に帰ったらきちんと洗濯しましょう

image4

しかし、ここまではあくまでも応急処置。自宅に帰ったら忘れずにすぐ洗濯しましょう。

普段プライベートで着る洋服には、シミの汚れがついた箇所に酸素系漂白剤を塗り込み、洗濯用洗剤を一緒に入れて洗濯機で洗います。反対にセーターやジャケットなどフォーマルな洋服には、シミの汚れがついた箇所に洗剤の原液を塗り込み、洗濯ネットに入れて洗いましょう。

もし自宅で洗えない衣類や洗濯してもシミが落ちない場合は、クリーニングに出して汚れを落としましょう。

外出先でうっかりついた汚れは、出来るだけ素早く対処することで、落としやすくシミを作りにくくします。 シミを作らず、洋服を長持ちさせたいなら、今回ご紹介したシミの応急処置のやり方を覚えておくと便利ですよ。

ファッション #シミ #汚れ #応急処置 #方法 #やり方 #洋服 #衣類

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー