【あなたのマザコン度チェック】ママ好き男”あるある”の特徴6つ

イイ男なのにマザコンゆえに結婚できないと噂される男性はたくさんいますよね。
だけど、そんな彼らは意外とモテるってご存知でしたか?

そんなマザコン男性を射止めるのは、「ママ以上」に魅力的な女性だと思います。
あなたのマザコン度はどれくらいかチェックしてみて下さい。

まずはマザコンの意味からチェック!

image1
マザコンとは和製英語で「マザー・コンプレックス(mother complex)」の略です。

広義では「母親に対して強い執着心を持つ人」ということをさします。
「母親依存症」ともいわれる共依存の一種。
とくに母親を肉親以上の愛情や、強い独占欲を持つ男性のことを総称して呼びます。

幼少期の頃から母親が子どもを溺愛したり、母親の過干渉、過保護の下で育った子供はマザコン傾向になる可能性が高まります。

<マザコン男の特徴➀>優柔不断

優柔不断の男性は、マザコン度が高い傾向があります。

原因は、幼い頃から母親が決定権を持っていたせいで、自分の意思ではどうしていいか考え付かず、結局何一つ決められないまま困った経験はありませんか?

どこに行く?何を食べる?何して遊ぶ?

「なんでもいいよ」「任せるよ」というのは一見優しさにも見えますが、ただ自分で決められないから任せているだけというケースもありますよね。

多くの女性は、意思が強い男性に心惹かれるもの。
人に頼るクセがあったり、なかなか自分で物事を決められられない男性は気をつけて。

<マザコン男の特徴➁>婚期が遅い男性は注意

マザコンの男性は婚期が遅いと言われてます。

それは、母親が息子のパートナーとなる女性を見る目が厳しく、なかなか結婚を許可しないということで婚期が遅れてしまうようです。
本当は母親も息子もお互い、子離れ、親離れできていないことも原因の一つ。

もちろん家族関係の中で、マザコンとは逆に、母親や結婚に対して良いイメージを持てないという男性もいると思います。
どちらにせよ、母親からの呪縛が解けていない証拠でもあります。

どんな理由があるにせよ、ある程度の年齢になっても、一度も結婚経験がない独身の男性は女性から敬遠されてしまいます。

<マザコン男の特徴③>理想の女性はお母さん?!

マザコン男性かどうかは、理想の女性像や花嫁像を聞けばわかりやすいと言われています。

「どんな女性が好き?」と聞かれて、「自分の母親みたいな女性」と答えたことはありませんか?
そんな返答を聞いた女性の多くは「この人マザコンかもしれない」と思うでしょう。

また、理想の夫婦像を聞かれて、自分の両親と答える男性もマザコン傾向が高めかもしれません。
「自分が育った環境が最高」なので、大切なパートナーに自分の母親像を重ね合わせ、その理想を求めてしまう傾向があります。

自分のパートナーは、自分の母親ではないことをしっかり認識しておかないと、「私はあなたの母親じゃない!」と言われてしまうかも。
例え女性が母親のように優しくしてくれるからといって、甘え過ぎは禁物です。

<マザコン男の特徴➃>統一感があるかどうか

人は、趣味や嗜好が一貫しているのが普通です。

派手目の色が好きな人。
落ち着いた色を好む人。
服装や部屋のインテリアに至るまで、その人の個性がポイントになってきますよね。

落ち着いた雰囲気が好きな人が、いつもとは違う派手目な色の服を着ていたり、「その人らしくない」物があれば、女性は「母親からのプレゼント?」と思うでしょう。

昔から使っているキャラクターものや、明らかに自分のセンスで買ったものではないと分かるものを今でも大切に使っている場合、「お母さんが買ってくれたもの?もしかしてマザコン?!」と思われてしまうかも…!

<マザコン男の特徴⑤>兄弟姉妹構成でもわかる

一般的に、一人息子がマザコンになりやすいと思いますよね。

実は、姉妹がいる場合も危険なんです。
母親は娘達の中での、息子が一番可愛いのです。

特に、母親にとって「待望の男児」として迎え入れられた末っ子男性は、同性である娘たちとは違った「特別な愛情」を注ぐ場合があります。

お姉さんたちからは「末っ子」として扱われますが、子ども同士のケンカやトラブルがあっても、お母さんに甘えれば助けてくれたことも多いのではないでしょうか。

心当たりのある方、いるのでは?

<マザコン男の特徴⑥>母親と頻繁に連絡をとる

両親と離れて暮らしていたら、ある程度の間隔で連絡を取り合うでしょう。

母親との連絡の頻度はどれくらいですか?
一般的な男性であれば、月に1~2回程度であればまだ普通です。
自分からは積極的に連絡をしない人もいれば、母親から連絡がくるというケースも多いと思います。

しかし、自分から積極的に連絡をして、日常的に母親とメールをしたり、電話で長話している男性はマザコン傾向が高め!

母親は、いつまでも心配させてくれる息子が可愛いかもしれません。
でも、あなたのパートナーが毎日のように母親と連絡をしている姿を見たら、少なからず「親離れできていないマザコン男」だと思うでしょう。

マザコン男が日本女性に嫌がられる理由

日本人男性は世界基準で比較しても、もっとも自立心が低いといわれています。

これは幼い時からの「過保護」が原因。
また、母性の象徴である「胸」が大きな女性を好むことからも、幼児性の高さが現れていると言われています。

マザコン男性の多くは無自覚なので、「それはマザコンじゃない?」などと指摘されると「母親が好きで何が悪い」という態度に出る人もいます。
もちろん、母親が好きなのは素敵なことです!

でも、女性から見ると、甘えてばかりで頼りなく、何かといえば「お母さんがそう言ってたから」など、何かあればすぐに母親を引き合いに出されたら、女性としては気分のいいものではありません。

パートナーは、あなたの口を通してお母さんの意見を聞いているのではなく、あなたの気持ちを、あなたの言葉で話してくれるのを待っています。

自分では何も決められない、妄信的に母親の味方という姿勢なら敬遠されても仕方ありません。

でも、海外のマザコン男事情は?

日本以上にマザコンが多い国の代表はイタリア。
子どもたちが「ママ=マンマ」に甘えるのは当たりまえです。
ただ、陽気なお国柄のせいか、マザコン事情もあけっぴろげなので、誰も気にしてない様子。

インド人も相当なマザコンで、日中何回も母親と連絡を取りあうなんて当たり前とか!

自立している言われているアングロサクソン系男性(イギリス、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなど)もマザコンは多いようです。
家族同士のキスやハグが当たり前のお国柄なので、不思議ではありませんね。

世界的にみても、マザコンが多いのは当たりまえのようです。

マザコン男性は、言い換えれば「家族思い=母親思い」で優しい男性ともいえます。
とはいえ、母親に何でもかんでも相談して優柔不断な男性は論外です。
しかし、ある程度は母親に対して優しくなる男性が多いのは、世界中で共通していることかもしれませんね。
あなたはいかがでしたか?

恋愛・デート #マザコン #男性 #特徴 #ママ #母親 #女性 #理想 #独身 #強い

この記事のライター
富 容華
富 容華
香港、アジア各国を渡り歩き、香港、韓国映画をこよなく愛しています。