自分では気づきにくい脇のニオイ……男の「ワキガ予防」におすすめ対策4つ

数ある体臭の中でも、もっとも厄介なニオイのひとつが「ワキガ」。自分ではなかなか気づきにくく(自覚症状がでにくい)、いつの間にか影でウワサが広まったらもう最悪です……。とくに汗をかきやすい体質の人、ムレやすい時期は特に要注意!
そこで今回は、ワキガ予防に欠かせない脇のニオイ対策4つをご紹介します。日頃から万全のケアを心掛けましょう。

その①|「制汗剤」は脇に塗るタイプを選ぶ

image1

脇の制汗剤といえば、一般的には「スプレータイプ」のものを思い浮かべる人も多いと思いますが、実はワキガ予防にはあまり向いていないと言われています。

その理由としては、スプレータイプの制汗剤は持続性が低く、なおかつ元々の体臭とニオイとスプレーのニオイが混ざり合い、結果的に脇がスース―して汗が出にくくはなるものの、脇のニオイ自体は消えにくいからです。

そこでワキガのニオイを予防する制汗剤には、脇に直接塗る「ロールタイプ」がオススメ。
お風呂あがりや朝のお出かけ前に、気になる部分にサッと塗ることで、体臭のニオイを封じ込めワキガ対策にも有効です。

その②|食生活の見直しをする

image2

そもそも日本人にワキガの悩みを持つ人が増えてきた背景には、「食生活の変化」がひとつ挙げられます。

手軽に済ませられるという理由から、食事はいつもコンビニ飯が主食…ファーストフードが大好き…スタミナを付けるためにと肉料理中心のメニューを食べる…など、栄養バランスの偏りや炭水化物の多い食生活では、ワキガをはじめ体臭のニオイを発しやすい体質になってしまいます。

お肉類をまったく食べるな!というわけではありませんが、魚や野菜・果物類など栄養バランスの偏りを無くし、できれば和食中心の食生活を心掛けニオイの体質改善に取り組みましょう。

また、食事同様にアルコール類もワキガの大敵。休刊日をつくる等、胃や肝臓を休める日を設け酒量にも十分配慮しましょう。

その③|意外と出来ていない、普段から汗をきちんと拭く

image3

汗が出たらきちんと拭き取る。
基本的になことと思われがちですが、普段からハンカチ類を持ち歩かず、そのまま放置にしている人も意外と多く見かけます。

そして挙句の果てには、Tシャツやワイシャツなど袖部分を使って汗を拭う人もチラホラ…。これは清潔感に欠けることはもちろん、汗が染み込んで衣類が黄ばむだけではなく、体臭と服に染み込んだ汗のニオイが混ざり、一層悪臭を放つ原因となりますので、絶対に止めましょう。社会人の人はとくにビジネスマナーとしてもハンカチやタオル類は必需品です。

また顔や額の汗だけではなく、脇の下や首など汗がたまりやすい箇所も欠かさずトイレなどで拭き取ること。ハンカチやタオル類を水に濡らしちょっと湿らせた状態で拭くとよりスッキリ爽快な気分になります。

その④|お風呂の湯に浸かり汗を出す

image4

お風呂の時間もワキガ予防には有効です。

朝シャンやシャワーのみで頭と体を洗うだけに留めている人は、バスタブに湯をはり湯船に浸かって体内に蓄積された汗を出し切りましょう。毎日のお風呂タイムは、その日の汚れを落とすだけに限らず、湯に浸かることで得られる汗の発汗効果もバカにできません。体もスッキリ清潔に保て、一日の疲れも癒す効果が期待できます。

さらに脇のニオイが気になる人であれば、お使いのボディソープや石鹸類をワキガ用に変えてみることもオススメです。そしてワキガの原因になりやすい脇の下や首・耳の裏などはとくに念入りに洗うようにしましょう。

ただでさえ男性は体臭がニオイやすく、タバコやコーヒーなどによる口臭+体臭、そこに加えてワキガ臭では確実にまわりが迷惑を被ります。
今回ご紹介したワキガ予防は、今日から今すぐに始められる簡単なものばかり。
男の大敵「ニオイ」は、早めかつ確実に防ぐことを大切です。少しでも自分のニオイが気になる人は、まずは生活習慣の改善から始めてみましょう。

健康・メンズ美容 #体臭 #ワキガ #汗 #ニオイ #予防 #対策

この記事のライター
浅田ちひろ
浅田ちひろ
3年一般企業で務めたあと、フリーライターに転身しました! トレンドを中心にいろんな情報を発信していくので、よろしくお願いします♡ 出身:千葉 好きなもの:ネコ 苦手なもの:コーヒー