【女子目線で教える!】太った彼女に、さりげなくダイエットを決意させる効果的な方法2つ

お正月やお盆・ゴールデンウィークなどの長期休暇中は、楽しいイベントも多いですが、一方で気になるのが体重。
特に女子の場合は、男性に比べて体質的に太りやすい人も多く、休み明けの体重をみて愕然とした…明らかに肉付きがよくなった…という悩みを抱える人は少なくありません。
そして、もし自分の彼女が「最近太ってきたな…」と感じた場合、あなたならどうしますか?
そこで今回は、太った彼女にさりげなくダイエットを決意させる効果的な方法について、女子目線でいくつか案をご紹介したいと思います。

その①|昔の写真を見せて、さりげなく太ったことを自覚させる

image1

基本的に女子は、昔の痩せている時の写真を見ると、自分が今いかに太っているかに気付きます。
それまではいくら周りから「太ったんじゃない?」などと言われても、そこまで響かないですし、当然自覚もないんですよね。

しかし、現実的に自分自身のビフォーアフターを見比べると、その差は一目瞭然。さすがに気になるものです。
ですので、もし自分の彼女にさりげなく太ったことを認識させたいのであれば、昔の思い出を振り返るフリをしながら、ソッと痩せていた頃の写真を見せてみましょう。
きっとこの頃に戻れなくなることを恐れて、人知れず痩せることを決意しダイエットに取り組むはずです。

その②|自分が痩せるテイで、彼女にダイエットを手伝ってもらう

image2

女子は、彼氏など身近な存在かつ気心の知れた相手から「太ったんじゃない?痩せなよ」などと忠告を受けると、基本イラッとしてしまうもの。
たとえば同性の女子から指摘を受ければ多少の聞く耳は持つかもしれませんが、異性の男性から言われると、「オンナの苦労も知らないくせに…」と性の違いが壁となり、素直に受け入れられなくなってしまうのです。

そんな彼女に、男性という立場からダイエットを決意させるには、あえて相手に対して太った事実は口に出さず、むしろ自分が太ったテイで、あくまで自分が痩せるための協力を仰ぐ姿勢で伝えるのが効果的。
たとえば「最近オレ、太ったんだよね…」と言い、「ねぇ、お願いがあるんだけど一緒にダイエット手伝ってくんない?ひとりだと大変だし続かなそうで…」と誘ってみてはいかがでしょうか。
直接彼女にダイエットを促すよりもトゲがありませんし、“一緒に”や“協力して”など、お願いする姿勢で伝えれば、彼女も素直に受け入れてくれるでしょう。

基本的に女子は、自分で太ったという自覚がない場合においても、常に心のどこかでは(ダイエットしなきゃなぁ…)と感じているもの。ただ痩せる目的や自分が納得できる理由、取り組むキッカケがない…という人も少なくないのです。

そこで「ダイエットに付き合って」「痩せるの手伝って」と伝えれば、きっと彼女も内心喜んでその提案に乗ってきてくれるはずです。

「太った?」「痩せたら?」という発言は絶対にNG!

image3

これは彼女に限った話ではありませんが、職場の同僚や後輩・友達など、女子に対して「太った?」という忠告の仕方は絶対にやめたほうが良いでしょう。

繰り返しになりますが、基本的に女子はただでさえ男性に比べて太りやすい体質です。またその中でも特に太りやすい体質の女子に至っては、日頃から食事の量をガマンしたり、こっそりトレーニングしたり、なるべく痩せて見えるよう服装にアレコレこだわるなど…体型のコンプレックスに悩み、それを解決するために並々ならぬ努力をしているもの。これは年齢を重ねても、キレイでいたい、美しくありたいという気持ちは変わりません。

男性の場合は、結婚やある程度の年齢を境に自然とモテや仕事以上に、食べたり飲んだりする楽しみを覚える人も多いですが、女子の場合は“美”こそ圧倒的な正義なのです。
そんなデリカシーのなく男性から「太った?」などと言われた日には「お前にこの苦労がわかってたまるか!」と怒りが爆発すること必至。

いくら会話中のネタや、笑わせるための冗談とはいえ「太った?」と言われて気持ちいい女子などいません。少しでも相手が傷つく可能性があるのであれば、何も言わない方がマシです。

「女優の〇〇」や「モデルの○○」という比較論もNG!

image4

それから、たまに彼女のダイエット心に火をつけるために、わざと女優さんやモデルさんの名前を引き合いに出して、変に嫉妬心を煽るような男性もいますが、これも確実に失敗パターン。
彼女の気分を害し傷つけた挙句、怒らせて逆効果になるのがオチでしょう。

テレビや映画など人前に出て、自分を見せる商売でもある女優さんやモデルさんは、いわば痩せることが仕事の一つ。

そんな人たちと彼女を見比べてしまっては、やる気に繋がるどころか逆に戦意喪失。仮に痩せようとダイエットを意識し始めた人でも「勝てるわけないじゃん…」と、どんどんモチベーションが下がってしまうでしょう。

また女優さんやモデルさんだけではなく、彼女と共通の女友達や知人を引き合いに出した比較論も良くありません。
「じゃあ私と別れて、その子と付き合えばいいじゃん」と一蹴されてケンカ勃発です。

なかなか悩ましい、自分の彼女が太った問題。
「太ったから痩せてほしい」という気持ちが本音ではありますが、その言葉をストレートに伝えてしまっては間違いなくトラブルの元。
効果的な伝え方は、自発的に気付かせること、もしくは一緒に頑張るためのキッカケを作ってあげることです。
まずはこの2つを押さえた上で、彼女が自然な形で「ダイエットしようかな」と思える状況に繋げてみましょう。

恋愛・デート #彼女 #太った #ダイエット #痩せる

この記事のライター
彩香
彩香
ライター兼メディアディレクター。文化服装学院出身。 得意分野はファッションと恋愛で、男性・女性を問わず多数のメディアで執筆や編集を手がける。 趣味は「酒」と「フェス」。 個人のブログでは、主に酒の席で繰り広げられる、男女の包み隠さぬ恋愛トークのリアルについて書いています。 ▼ブログ▼ http://ayaka...