早くプロポーズしてよ! 彼女が「そろそろ結婚しようよ!」って思うタイミング5つ

彼女と付き合いはじめてそれなりに月日がたったけど、特に別れる気はなく、ただなんとなく交際を続けている男性もいるはず。
でも、あなた的には(結婚はまだいいかなぁ…)という気持ちかもしれないけど、彼女的には(早くプロポーズしてよ!)ってこともあるからね。

そこで今回は、交際中の彼女が「いい加減そろそろ結婚しようよ!」って思うシチュエーションをいくつかご紹介。
男性と違って女性の場合は、年齢(時間)におうじて結婚への意識は変わるし、たとえ口には出さなくても実は我慢の限界ってこともあるから、婚約のプロポーズするタイミングってかなり大事よ。

早くプロポーズしてよ!その①▶交際が2年を超えた

image1

まずは年齢にもよるかもしれないけど、特にアラサーの女性はだいたい交際年数が半年過ぎたあたりから徐々に結婚を意識する傾向が強いね。

だから、たとえばこれまで順調に2年くらい交際が続いているカップルで、彼の方から具体的な結婚の話が一切出てこないとなると、結婚願望のある彼女的には(プロポーズする気あるの?ないの?)とじれったくなるかも…。

そして、あまりにものらりくらりした状況が続くと、あるタイミングでシビレを切らした彼女にフラれてしまう可能性も無きにしも非ず。

もし将来的に彼女との結婚を少しでも考えているのなら、2人で話し合いの場を持つなり、今の気持ちを伝えておくなり、ちょっとは彼女がホッとできる安心材料を与えてあげないと徐々に離れていく可能性あるよ。

早くプロポーズしてよ!その②▶お互いにいい歳

image2

付き合ってきた年数もそうだけど、お互いすでにいい年齢同士のカップルなら、交際期間があまり長くなくても彼女的には早めのプロポーズが理想かもね。

もちろん日常会話からくみ取るに、交際中の彼女にまったく結婚願望が見られないという状況が明らかなら、特に年齢とかを気にする必要はないかもしれないけど、たとえば彼女が結婚願望アリで、子供も希望、そしてもう30歳を迎えているという状況なら、なるべく早めにプロポーズしてあげた方がいいよ。

やっぱり妊娠出産ってそれなりにエネルギーを使うもんだし、年齢を重ねていくと精神面もふくめて体力的にきつくなって徐々に不安が増すんだよね。

まぁ多少の個人差があるといえ、どう考えたって20代で妊娠出産するパターンと30代で妊娠出産するパターンでは、いろいろな意味で負担が違うからね。
お互いもういい年齢に差し掛かっているのなら、そろそろ真剣に結婚を考えるタイミングだと思うよ。

早くプロポーズしてよ!その③▶同棲して数年たった

image3

あとは同棲して数年たったカップルで未だに彼から結婚の話が出ない……となると、彼女的にかなり不安だと思う。
まぁ、事実婚状態でお互い満足という状況ならいいけど、しっかり籍を入れて夫婦になりたい彼女からしたら(早くプロポーズしてよ!」って思うよ、そりゃ。

特にこれ、同棲経験のある人にとっては割とあるあるの話だと思うんだけど、結婚の話をせずに同棲を始めちゃうと、結婚とかプロポーズのタイミング逃したりするよね…。

で、同棲となると男性的には毎日一緒に過ごすわけだし結婚生活と変わらないから、(別にこのままでもいいかな?)って気持ちになるかもしれないけど、女性的には時間をロスしてる感もあって正直先のことが結構不安なのよ。

だって、「結婚せずに同棲のまま数年がたった後、もし彼に好きな子ができて別れようとなったら……」とか、「長いこと同棲したけど特に進展なくもし別れることになった時に私がすでにアラフォーの年齢に差し掛かっていたら……」とか、諸々先のことを考えるとやっぱり長期間の同棲生活はリスクも大きいし、結果的に同棲が無駄になったら彼女的には「時間返せ!」以外の何者でもないよね。

もし彼女と同棲中という男性の中で、相手の方からうっすら結婚の話が出ている状況なら、まずはきちんと話を聞いて向き合った方がいいよ。彼女が不安MAXに陥って他にオトコ作る前にね。

早くプロポーズしてよ!その④▶遠距離になる

image4

それから、仮にどちらか仕事などの都合で、数ヶ月先または来年から遠距離恋愛になるってわかっている状況にもかかわらず、今後の付き合い方とか結婚の話が一切出ないとなれば、彼女的には(え?私たち何だったの?)(結局プロポーズはしないってこと?)と不安というか、呆気にとられちゃうかもね。

もちろん、交際したばかりというカップルの場合は結婚の話もまだ出ないだろうけど、もう既に1年以上付き合っていてお互いにいい年齢、そして遠距離になるっていうこのタイミングで、婚約のプロポーズはおろか結婚の“け”の字も出なけりゃ結婚願望のある彼女的にはかなりショックだよ……。

早くプロポーズしてよ!その⑤▶周りに「いつ結婚するの?」と言われる

image5

年末年始に実家へ帰れば、親や親戚から「あんた、いつ結婚するの?」とプレッシャーをかけられ、友人からは「ねぇ、あの彼と結婚しないの?」と心配され……。もしそんな日が増えれば、彼女もいい加減(早くプロポーズしてくれよ!)って徐々に焦ってくると思う。

やっぱり人間心理的にも、ただ自分の中だけで悶々としている状況であれば特に焦りは感じないけど、周りから押される状況が続くと徐々に焦りというか、義務感にかられる人は一定数いると思うんだよね。

もし交際中の彼女から「親に結婚まだかって言われた」とか「〇〇ちゃんに私たちのこと心配されたよ」とかの話をされたんなら、そろそろ真面目に結婚のタイミングを考えるべきかもよ。

まぁプロポーズは強制するもんじゃないけど、あまりにもプロポーズを長引かせたり、ここぞのタイミングを逃し続けてると、いくら温和な彼女もいい加減シビレを切らして他のオトコ探し始めちゃうかもね。
「結婚するなら彼女だな」と思うのなら、勇気を持ってプロポーズしたほうがいいよ!

恋愛・デート #結婚 #婚約 #プロポーズ #タイミング #シチュエーション

この記事のライター
藤本 由佳
藤本 由佳
都内勤務のホステスです。 まだ誰のモノでもないアラサーです。 白馬に乗った王子様はお姫様しか迎えに行かないことに最近気付きました…。