彼女と付き合っても、すぐに別れてしまう男性の特徴8つ。【あなたが長続きしない理由は、これ!】

「つい最近、彼女ができたって聞いたばっかなのに…」「ようやく意中の女性と付き合えたってあんなに喜んでたのに…」
なぜか交際後、あっという間に別れてしまう男性……案外少なくありません。

そこで今回は、彼女と付き合ってもすぐに別れてしまう男性の特徴、その理由を8つご紹介。いつも彼女と長続きしない…と嘆く男性の皆さんは、付き合う前・付き合った後にこんな傾向ありませんか?

すぐに別れる男性の特徴①|ルックス重視で彼女と付き合う

image1

恋人を見つけるうえで、確かにルックスは大事。
しかし、見た目の可愛さだけを理由に彼女と付き合っても交際は長続きしません。

顔はめちゃめちゃ可愛いのに性格が悪かったり、興味のあることや価値観が合わなければ付き合ってもすぐに「あれ、なんか違う…」となり、結局のところは短い交際になってしまうのがオチでしょう。

さらにルックスが可愛い女性の場合、たいてい異性に人気があってモテるため、それなりに恋愛経験も豊富、かつオトコを見る目に長けていたりもします。
そういう意味で人よりもルックスに秀でている女性は、付き合う彼氏に求める理想も必然的に高くなるケースが多く、男性側が彼女に飽きられないよういろいろ努力するあまり、交際関係を維持することに疲れてしまい、結果すぐ別れるというパターンも少なくないでしょう。

モテモテな彼女と付き合えば、はじめこそ鼻高々でいられるでしょうが、現実的には相手に嫌われないようそして他のオトコに浮気をしないよう、何かと気苦労が絶えないもの。

そんな気苦労に疲れてしまえば、いくらドストライクの女性と付き合えても交際後すぐに破局することなどは、わりと容易に想像がつきます。

すぐに別れる男性の特徴②|彼女よりも男友達を優先する

image2

「彼女のことは好きだけど、昔からのダチも大事だし、男友達と遊ぶのは俺の日課だから!」という男性も、交際後すぐに別れてしまう可能性が高いといえるでしょう。

男友達を大切に想い、交際後も変わらず男友達とツルむこと自体はまったく問題ありません。
しかし、彼女と付き合ってまだ日が浅いという関係なのであれば、気持ち的に少しだけ彼女と過ごす時間を増やす努力をすべきでしょう。

ことある毎に男友達との付き合いを優先し、常に男友達とばかり遊んでいると、彼女的に「私のこと好きじゃないの?」「またあのメンバーと一緒にいるの?」というストレスを徐々に蓄積し、遅かれ早かれどこかのタイミングで不満が爆発してケンカ別れに発展する可能性があります。

すぐに別れる男性の特徴③|彼女よりも趣味に没頭する

image3

そして男友達との関係だけではなく、趣味にハマりすぎて一日中没頭してしまうような男性も交際後すぐに彼女と別れてしまうタイプといえます。
彼女と付き合えたことに満足してしまい、交際後のケアを疎かにしてしまう、まさに釣った魚にエサをあげない人。

何かに没頭できるほどの趣味をもつ男性は魅力的ですが、時間の使い方や優先順位の付け方を見誤ってはいけません。

彼女を放置にできるタイムリミットは意外と短いもの。
趣味に時間を割くあまり「最近なかなか会えてなかったけど、明日デートしない?」と誘ってみたものの、すでに彼女の気持ちはあなたの元から離れているケースだって無きにしも非ずでしょう。
趣味は待ってくれますが、彼女は待ってくれません。

とはいえ、どうしても趣味の時間を減らしたくないという男性は、いっそのこと同じ趣味にハマる女性を見つけて恋愛するのが一番です。
あなたの好み、かつ趣味も同じという女性を探すことはなかなか困難ではありますが、もし幸運にも共通の趣味をもつ女性と交際できれば、長続きできる可能性は高いでしょう。

すぐに別れる男性の特徴④|彼女と結婚する気が一切ない

image4

「彼女は普通に欲しい。でも結婚はしたくない」という恋愛観をもつ男性も、仮に彼女ができてもすぐに別れてしまう可能性が高いといえるかもしれません。

よく結婚のリスクとして男性側から意見が挙がる「結婚すると逃げ道がなくなるし、自由も奪われるから嫌だ」という気持ちは、女性側もある程度は理解できます。
とはいえ、交際中あからさまに“結婚はしない”というスタンスで向き合っていては、彼女的にカラダ目当ての付き合い、先の将来はないという事実を突きつけられるようなもの。

そんな割り切った関係の交際は、決して長続きしませんし、特に「いつかは結婚して子供を産みたい」と望む女性と付き合う場合は、交際後早々に見切られてしまう可能性も高いでしょう。

もし「彼女のことは真剣に愛してるけど、今のところ結婚はするつもりない」という考えなのであれば、付き合う前にきちんと伝えておく、もしくは将来的にあなたの考えが変わる可能性があるのであれば、決して交際中“結婚NG”などという態度はとらないことです。

すぐに別れる男性の特徴⑤|彼女に刺激を与えられない

image5

付き合う前はいろいろな場所に連れて行ってくれたのに、付き合った後はいつも家の中でゴロゴロと過ごすような味気ないデートを繰り返す男性も、交際後早い段階で彼女に愛想をつかされ、すぐに別れてしまう危険性が高いでしょう。

女性は好きな人と価値を共有したいと思う生き物。
いつもと何ら変わり映えしない家の中で過ごすのではなく、たまには外に出て「楽しい」「美味しい」などといった感情を彼と共感し合いたいと思うものです。

そんな女心を知らないのか、毎回「家で一緒にDVD観ようよ」や「宅飲みしようぜ」といった、家の中から一歩もでないようなデートプランばかり提案していると、徐々に彼女の気持ちが遠くに離れていってしまうことでしょう。

よほど彼女がインドア好きという人の場合は別ですが、どちらにせよ刺激のない恋愛は人間心理的にも飽きを招きやすく、交際が長続きしないケースが多いのも事実です。

すぐに別れる男性の特徴⑥|謎が多すぎて彼女を不安にさせる

image6

「人にあれこれ詮索されるのが嫌」「いちいち報告するのが面倒」という理由で、何かと秘密主義を貫く男性って結構いますよね。
そんな仕事やプライべートなど、傍から見て肩書きが謎めきすぎる男性も交際後すぐに別れやすいタイプといえるでしょう。

初対面のときや、付き合う前の段階でまだ1,2回食事デートを重ねただけという関係であれば理解できますが、付き合った後もいろいろと謎が多い男性は女性の信頼を得ることが難しく、相手に不安を与えてしまうだけです。
もしそんな秘密主義の状態で交際が続けば、彼女のストレスはたまる一方でしょう。

男女の恋愛関係を作っていくうえで、“安心”と“信頼”は必要不可欠。そして互いの信頼関係を築くためには、自分の素顔をオープンにして向き合うのが基本スタンスです。
むしろ何も情報を明かさない相手にたいして、「とにかく俺のことを信じろ!」というのは、酷以外の何者でもありません。

すぐに別れる男性の特徴⑦|いつも彼女任せでリードしない

image7

何かと積極性に欠け、付き合った後もデートの提案や毎日の連絡は常に彼女発信…。そんな男性は、交際後に彼女から「てかさ、そもそも私と付き合う気ないよね?」と怒りをぶつけられ、すぐに別れてしまうのがオチでしょう。

交際前であれば、彼女の方も割と前向きにアピールしてくるため、消極的な姿勢もそこまで気にならず良好な関係を築けるかもしれませんが、交際後もスタンスが変わらず常に彼女がリードするという状況が続けば、いい加減呆れて別れを切り出されてしまっても仕方のないことです。

いくら肉食系で積極的な女性でも、やっぱりいざというときには男性を頼りにしたいものですし、仮にもともと奥手で内向的な性格という男性にも、自分だけには男気のあるところを見せてほしいと期待しているもの。

ただ単に性格の問題なのか…または極端に面倒くさがりなのか…それとも末っ子育ちでリードされることに慣れてしまっているのか…、積極的に動けない理由は人それぞれでしょうが、彼女との交際を長続きさせたいのであれば、ほどよく男らしい部分を見せつつ、日頃からマメな連絡を心掛けることです。

すぐに別れる男性の特徴⑧|彼女を見下し偉そうな態度をとる

image8

今の時代、たとえば「俺より先に寝るな!」や「髪型、俺好みに変えて!」などといった、亭主関白な発言が多い男性と付き合いたいと思う女性はなかなか稀でしょう。

しかしその一方で「男性に頼りたい」「彼にリードしてほしい」と思う女性も現実的に一定数いますので、男性側が威厳を示すのが決して悪いことではありませんが、とはいえ、普通に交際中のカップルという間柄であれば、極端な上下関係は必要ありません。

「俺に従え!」とでも言わんばかりに偉そうな態度を振る舞いては、楽しいはずの2人の時間も窮屈で憂鬱なものになってしまうでしょうし、いくら奥手で控えめな女性とはいえ、交際後あまりにも上下関係にうるさく常に命令口調という状況が続けば、その態度に嫌気をさしてすぐに別れを切り出されてしまう可能性も十分あり得るでしょう。

そもそも女性の立場を下に見るような態度は、今の時代にフィットしません。
彼女と長く付き合いたいのであれば、レディーファーストを基本スタンスにすべきです。

今回は、彼女と付き合ってもすぐに別れてしまう男性の特徴とその理由についてご紹介しました。
意外とシンプルなことですが、自分だとなかなか気づきにくい部分もありますよね。もしどれかに該当するという男性の皆さんは、できるだけ迅速に改善しましょう。

恋愛・デート #彼女 #すぐに別れる #男性 #特徴 #理由

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。