新しい職場環境で良好な「人間関係」を作る方法4つ

4月は新しい職場環境になる人が多い時期。特に人間関係は仕事をしていく上でとても重要です。
転職や異動など働く職場環境が変わることへ不安に思う方に、より早く新しい職場環境に溶け込む方法をご提案します。

基本は「挨拶」

image1

新しい環境なれば「期待」と「不安」が半々ですよね。なかなか声がでないという人もいるでしょうが、挨拶は人間関係の基本。

朝は出来るだけ早めに出社して、ひとりひとりに笑顔で「おはようございます」と挨拶をしましょう。

もう一つは感謝の挨拶。失敗して助けてもらった時「すみません」以上に「ありがとうございます」という感謝の言葉を多く伝えることが重要です。

「名前」を覚える

image2

これも人間関係の基本ですが、一度に多くの人を覚えるのはとても難しいですよね。

名前が思い出せた時や、社員証が見えている時は「〇〇さん、おはようございます」と“名前”をつけて挨拶するよう心掛けましょう。

また会話中も「〇〇さんはどうですか?」と“名前”を頻繁に呼ぶ方法も有効です。さらに飲み会の席では、相手の名前のエピソードなどを聞くとより相手の記憶の中に定着させることができますよ。

仕事を「早く覚える」

image3

4月は忙しい時期でもありますので、早く仕事を憶えてチームの即戦力になる努力も必要です。

特に分からないことをモヤモヤと悩んだり、いつまでも自分のやり方にこだわっていては、時間と手間ばかり食ってしまいます。遠慮せず素直に職場の仲間にやり方を教わりましょう。

しかし何度も同じ質問を繰り返し聞いてしまっていては相手にも失礼。質問する時はメモをとる。書式があるものは始めの段階で2枚作っておき、1枚は書式例などに活用すると良いでしょう。

以前までのやり方に固執せず「柔軟に対応する」

image4

それぞれの職場には、小さなローカルルールがあります。いつまでも以前の職場のルールに拘らず、心を開いて柔軟に新しい職場のルールに合わせましょう。

心を開くという点では、自分のことを理解して貰うのも重要。欠点は最初の自己紹介でさらけ出してしまいましょう。

「酒が飲めないですが、飲み会では盛り上がります」などと言っておけば、努力しようとする姿勢が認めてもらいやすく、好印象に繋がります。

新しい職場で良好な人間関係を作るには、はじめの3ヶ月が鍵。梅雨の時期には職場に欠かせない人員になっているのが理想です。
はじめは失敗もつきものですから、焦らず一歩ずつ頑張ってくださいね。

仕事・ビジネス #職場 #人間関係 #仕事 #環境 #変化 #転職 #異動

この記事のライター
佐藤のぞみ
佐藤のぞみ
歴史物、ミステリーから純文学まで、活字が大好きで本が手放せません。 そして雑貨が好きなので、男性の持ち物もついついチェックしてしまいます。機能性という面で女性ものにも欲しいものが沢山あります。 逆に、女性向け商品で男性にも使って貰えたらと思うこともあります。デザイン次第で使えるものは紹介していき...
関連記事

会社の飲み会に行きたくない…! 職場の人間関係を壊さない上手な「断り方」6つ

安井カナ

これほど心強い味方はいない! 職場にいる「男前女子」の特徴と向き合い方のコツ

安井カナ

【溜めずに、捨てる】仕事の「断捨離」で得られる効果と、実践する上で見るべきポイント

浅田ちひろ

理解しておきたい!「働きマン」体質な女性の特徴と、彼女たちと仕事を進めるときのポイント2つ

松井 遙

「アイデアマン」と呼ばれる人達は、何してる? クリエイティブな思考を身につけるための習慣4つ

きたの奈々

【ヤクザに学ぶ、男の交渉術!】自分優位に話を進めたい時に役立つヒント4つ

浅田ちひろ

職場の同僚女性が、あなたに「悩み」や「相談」を聞いてほしい時に出すサインとは?

和田 千恵美