オトコの体臭を抑える食べ物、ニオイを悪化させる食べ物とは?

体臭のニオイは、食事と密接な関係があることをご存知でしょうか? 毎日、何気なく食べているものが原因で、不快なニオイを発生させてしまっている可能性があるのです。

そこで今回は、体臭のニオイを抑える効果的な食べ物と、逆に体臭のニオイを悪化させてしまう食べ物、そしてニオイの抑制に役立つ食事の摂り方までわかりやすくご紹介したいと思います。

体臭と食事の関係性とは?

image1

体臭というのは、「身体の中に原因があるニオイ」、「皮膚の表面に原因があるニオイ」、「腸内に原因があるニオイ」の3種類に分類されます。そして、これら3つすべてのニオイが毎日の食事と密接に関係しているのです。

まず身体の中に原因があるニオイは、虫歯や歯周病・胃酸過多などの原因があげられます。虫歯や歯周病は、甘いものばかり食べていたり、歯磨きができていなかったりすることが原因です。

また、皮膚の表面に原因があるニオイは、肌を守る皮脂が活性酸素によって酸化されることで引き起こされます。糖質や脂質の摂りすぎによって肌の皮脂量が増えると、体臭のニオイが強くなるのです。

そして、毎日のように摂る動物性タンパク質は、アンモニアや硫化水素などに分解され、腸内由来のニオイの素となります。

体臭のニオイを抑える食べ物①|抗酸化成分を含むもの

image2

ここからは、体臭のニオイを抑える効果的な食べ物を詳しく紹介していきます。

まず皮脂の酸化を抑えるためには、「抗酸化成分」を含む食べ物を摂りましょう。抗酸化成分は、ビタミンCやビタミンEなどがあげられます。ビタミンCはパセリやブロッコリー、芽キャベツなど、ビタミンEはアスパラガスやアボカド、カボチャなどに多く含まれています。

体臭のニオイを抑える食べ物②|アルカリ性の食品

image3

皮膚の表面は弱酸性、体内は弱アルカリ性に保たれています。体内が酸性に傾くと、ニオイが発生するため、体内の酸性を中和してくれる「アルカリ性の食品」を摂りましょう。アルカリ性の食べ物としては、梅干しや海藻類、ほうれん草、小松菜、大豆製品などがあげられます。

体臭のニオイを抑える食べ物③|食物繊維を豊富に含む食材

image4

腸内環境を整えるためには、「食物繊維」の食べ物をしっかり摂りましょう。健康な腸内は、善玉菌と悪玉菌・日和見菌がバランスよく保っていますが、動物性タンパク質や脂質を摂りすぎると悪玉菌が増えてしまい、腸内由来の体臭が発生しやすくなってしまうのです。
また食物繊維には、善玉菌を増やし逆に悪玉菌を減らす働きがあり、便秘の改善にも役立ちます。

この食物繊維が多く含まれる食事としては、納豆などの豆類、しめじやえのきなどのキノコ類、バナナなどのうり類があげられます。

体臭のニオイを抑える食べ物④|乳酸菌を多く含む食事メニュー

image5

乳酸菌も食物繊維と同様に、善玉菌を増やし悪玉菌を抑える効果が期待できる食べ物です。
腸まで届くタイプの乳酸菌が望ましいですが、胃酸で死んでしまっても結果的に腸内環境を整える働きが得られます。

この乳酸菌が含まれている食品や調味料としては、ヨーグルトやチーズ、キムチ、味噌などがあげられます。

体臭を悪化させる食べ物5つ

image6

体臭を抑える食べ物を摂りつつ、体臭を悪化させる食べ物はできるだけ避けましょう。
次にあげるような食品は、体臭のニオイを悪化させる原因になります。

(1)肉や魚などの動物性食品

肉や魚などの動物性食品は、動物性タンパク質や脂質を含み、身体の健康を保つために必要な食べ物です。しかし、摂りすぎると腸内環境が乱れたり、皮脂の分泌が増えたりと、体臭のニオイを悪化させる原因になります。
また、外食やコンビニ弁当ばかり食べていると、自然と動物性タンパク質や脂質の摂取量が増えてしまいますので注意しましょう。

(2)ニンニク

ニンニクに多く含まれる“アリシン”という香気成分は、口臭の原因になります。さらにアリシンは、体内に吸収されたのちに皮膚からも排出されるため、体臭の原因にもなるのです。ニンニクを食べても、歯磨きさえすればニオイは防げるというわけではありませんので、くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう。

(3)辛い食べ物

辛い食べ物には、汗の分泌を促す効果があるのですが、この汗をかくことによって、アポクリン腺とエクリン腺の2つの汗腺が分泌されます。
辛い食べ物を食べたときに出るのは、エクリン腺からの汗で、これはほぼ無臭。しかし、汗が蒸発するときに、酸化した皮脂によるニオイを蒸散させてしまうため、結果的に体臭のニオイに繋がりやすくなるのです。
また、汗は雑菌と混ざることでも不快なニオイを発生させるため、食べ過ぎには注意しましょう。

(4)リノール酸を含む油

リノール酸は、悪玉コレステロールや中性脂肪を増やすほか、過酸化脂質に変化してニオイ物質の生成を促します。特にサラダ油など、植物油が含まれた食事の摂りすぎには気をつけましょう。

(5)アルコール

毎日の食事にお酒が欠かせないという人もいるでしょう。
しかしお酒に含まれるアルコールは、体内でアセトアルデヒドに分解され、汗腺から排出されるときに不快なニオイを発生させます。日常的にアルコールを摂っている場合は注意が必要でしょう。

体臭のニオイを抑える「食事の摂り方」とは?

image7

体臭のニオイを抑える食べ物と、逆に悪化させる食べ物について理解したところで、最後は「食事の摂り方」についても合わせてチェックしておきましょう。

・野菜や果物をしっかり食べる

まずは腸内環境を整えるために、毎回の食事で脂質やタンパク質を摂りすぎないよう野菜や果物をしっかり摂りましょう。忙しくて栄養にこだわれない方は、コンビニやスーパーで売っているカット野菜などをうまく使うことをおすすめします。

・糖質と脂質を抑える

食事の際、糖質と脂質は皮脂の分泌を促し体臭のニオイを悪化させるため、摂りすぎには十分注意しましょう。タンパク質を摂る際も、できるだけ脂身の少ない肉・雑穀米などをうまく取り入れることをおすすめします。

・オリーブオイルやゴマ油を取り入れる

料理を調理する際に欠かせない油ですが、リノール酸を含む植物油ではなく、善玉コレステロールを増やすオレイン酸が含まれたオリーブオイル、もしくはαリノレン酸が含まれたゴマ油やエゴマ油・シソ油などを摂りましょう。

食事の摂り方を少し工夫するだけで体臭のニオイを抑えられ、コンプレックスの解消にも繋がります。
そのためには、食べ物にたいする正しい知識を身につけ日々の積み重ねや継続が大切。
日頃から、野菜や果物・オリーブオイル・ゴマ油・乳酸菌を含む食品を積極的に取り入れるようにしましょう。

健康・メンズ美容 #体臭 #ニオイ #食べ物 #食事

この記事のライター
加藤良大
加藤良大
歴7年のフリーライター。アパレル企業からライターに転身し、医師監修記事の元原稿や美容記事の執筆本数は10,000本を超える。前職の経験を活かし、ファッション記事、ビジネス記事など幅広く手掛ける。