彼女にやってあげると喜ぶマッサージ! エステティシャンが教える「女性を癒す」極意。

「仕事で疲れている彼女を心身ともに癒してあげたい!」「いつもありがとうの気持ちを込めてマッサージしてあげたい!」と思う男性もいることでしょう。
でも、彼女をマッサージしてあげようにも、「女性のマッサージって、どこをどうやって揉んだら嬉しいの?」と疑問に思う男性も多いはず。

そこで今回は、エステティシャンである筆者が、彼女にやってあげると喜ぶマッサージについてご紹介したいと思います。

女性が喜ぶマッサージの部位①|足裏

image1

仕事などで長時間立ちっぱなしや座りっぱなしの状態が続くと、足裏に疲労が溜まりやすくなるもの。またストッキングやヒールの靴を履いている女性の場合は、足の甲や指の付け根が圧迫され、指先がギュッと萎縮し、足先全体に疲労が溜まりやすくなります。
そんな彼女には、足の指を広げたり、足裏や足の甲を優しく押すようにマッサージしてあげると喜ばれますよ。

■「足裏マッサージ」のやり方

【1】まずは仰向けに寝転んでもらうか、椅子に座らせてリラックスさせましょう。

【2】親指の腹を使いながら足裏全体を揉みほぐします。マメに彼女の反応をみて痛くないか強さを確認しましょう。

【3】足裏のカカト周り、土踏まず、指の付け根を重点的に優しく揉みます。

【4】5本の指を軽く押し、指と指の間を広げてあげましょう。

【5】水で濡らしたフェイスタオルを絞り、ラップに包んで、レンジで40秒温めましょう。そして熱さを確認してから彼女の足先にタオルを包みます。タオルの上から足の甲から指の付け根にかけて揉みほぐします。

【6】最後は、彼女の足指の付け根を自分の手の平でおさえながら、ゆっくり足の甲を倒してふくらはぎを伸ばすようにストレッチしてあげましょう。

女性が喜ぶマッサージの部位②|ふくらはぎ

image2

女性は男性に比べて筋肉量が少ないため、ポンプの役割となってリンパや血液の流れを上手くサポートできず、足首やふくらはぎに老廃物が溜まり、むくみや疲労を感じやすいもの。そんな彼女には、ふくらはぎに溜まった血液を循環させるようにマッサージしてあげると喜ばれるでしょう。

■「ふくらはぎマッサージ」のやり方

【1】まずは、うつ伏せの状態に寝転んでもらいましょう。

【2】相手のふくらはぎに自分の手の平を密着させて、ふくらはぎ全体をなでるようにマッサージしましょう。

【3】彼女の足首を優しくつかみ、上下に動かしながら足首周りに溜まった血液を流していきます。

【4】ふくらはぎの内側にあるリンパに自分の親指を密着させて、ゆっくりふくらはぎの血液を流してあげましょう。

【5】ふくらはぎの外側にあるリンパに自分の親指を密着させて、ゆっくりふくらはぎの血液を流してあげましょう。

【6】最後は、ふくらはぎ全体を優しくたたき揉みして完了です。

女性が喜ぶマッサージの部位③|腰・背中

image3

毎日の立ち仕事やパソコンを使ったデスクワークによって、背中や腰が張っていたり、コリや疲労を感じている女性は多いものです。
足や腕まわりは自分でストレッチができても、腰や背中の部位はなかなか手が届かないため、マッサージで揉みほぐしてあげると喜ばれるでしょう。

■「腰・背中マッサージ」のやり方

【1】まずは、うつ伏せの状態に寝転んでもらいましょう。

【2】尾てい骨の周り、腰、背中全体を優しくさすり、血液を流してあげます。

【3】尾てい骨から腰にかけて、指の腹で凝っている部分を優しくほぐしてあげましょう。

【4】背中から肩甲骨にかけては、人差し指から小指までの四指(よんし)を使って流すようにマッサージしてあげます。

【5】水で濡らしたフェイスタオルを絞り、ラップに包んで、レンジで40秒温めましょう。そして熱さを確認してから腰や肩甲骨にタオルをのせ、最後の仕上げにタオルの上から押すようにマッサージしてあげましょう。

女性が喜ぶマッサージの部位④|肩

image4

眼精疲労や冷え、緊張などによって肩コリを感じている女性はたくさんいます。頑張れば自分で手の届く範囲ですが、体勢が苦しいため肩周りのマッサージもとても喜ばれる部位です。

■「肩マッサージ」のやり方

【1】まずはうつ伏せの状態に寝転んでもらい、腕を脇腹の横におろしてリラックスできる体勢にしてあげましょう。

【2】肩をゆっくり撫でるようにさすり、緊張をほぐしてあげます。

【3】肩を軽く掴むように手を沿わせ、指の腹を使って左右に優しく流すようにマッサージします。

【4】特に凝っている場所があれば、3秒ほどゆっくりと圧をかけるように押してあげましょう。

【5】水で濡らしたフェイスタオルを絞り、ラップに包んで、レンジで40秒温めましょう。そして熱さを確認してから首や肩の凝っている部分にのせて温めてあげれば完了です。

女性をマッサージする際の「力加減」と「スピード」

image5

女性は男性と違って華奢な人も多く、ただ力任せに指先で押すようなマッサージは痛いだけで全く気持ち良さを感じません。
彼女をマッサージしてあげる際は、基本的には指の腹を使って優しく揉んだり、凝りをほぐしたり、指をスライドさせて老廃物やリンパを流すようなイメージで優しいマッサージを意識しましょう。

また、特に凝っている部位や老廃物や疲労が蓄積している場合、少し揉んだだけでも強烈な痛みを伴いますので、そのような場合は揉むのではなく、撫でるような力加減にしてあげましょう。
彼女の表情を観察したり、痛くないかをマメに聞きながら行うのがポイントです。

さらに、心地が良く癒しの効いたマッサージをしてあげる場合は、とにかくゆっくり目のスピードを意識しましょう。
ゆっくりマッサージをされると、ただ気持ちいいだけではなく、緊張がほぐれリラックス効果が高まり、凝りがほぐれやすかったり、満足度も高まるのです。

彼女にマッサージをしてあげるタイミングは?

image6

マッサージはやり方以外にも、やってあげるタイミングが重要です。

マッサージに一番適した時間帯は、やはり「お風呂上がりのタイミング」がベスト。お風呂上がりは、体温の上昇に伴い血液の流れも活性化しマッサージ効果も高まりますし、なにより1日の中で最も心身ともにリラックスできるタイミングですので、お風呂から上がって寝るまでの21時〜24時ぐらいの時間帯にマッサージしてあげると良いでしょう。

もし休日の朝で特に予定がない場合は、起床後のまったりタイムを狙ってマッサージしてあげても喜ばれるかもしれませんね。
できるだけ彼女の意見を尊重し、相手のリズムに合わせてあげてください。

また、マッサージを行う際もいきなり相手の身体に触るのではなく、「疲れているだろうし、マッサージしてあげるね」と一声かけてあげると、より気遣いが伝わって良いですね。

マッサージで彼女のリラックス効果を高めるアイテム3つ

image7

もちろん、ただ手で揉むだけのマッサージも喜んでくれますが、これから紹介する3つをプラスするとより彼女のリラックス効果を高められます。

(1)オイルやクリームを使う

服を着たままマッサージされるのも気持ちいいですが、オイルやクリームを使って指を滑らせるようにマッサージをしてあげると、凝りや疲労感がほぐれてよりリラックス効果が高まります。

(2)蒸しタオルを使う

マッサージのやり方でも何度か登場した蒸しタオル。
水で濡らして絞ったフェイスタオルを絞り、ラップで包んでレンジで約40秒温め、そのタオルを首や肩、腰など疲労や凝りを感じやすい場所、また冷えやすいカラダの部位にのせてあげると血行促進やリラックス効果が高まりますので、特に彼女を癒してあげたいときにはオススメの方法です。

(3)アロマの香りを足す

アロマデュフューザーやアロマキャンドルなど、マッサージする部屋の中にちょっとした香りをプラスすることで、匂いによるリラックス効果が得られ、心身ともに彼女を癒してくれるでしょう。

今回は、彼女にやってあげると喜ぶマッサージの部位からマッサージをする際のポイント、そしてリラックス効果を高めるアイテムまでをまとめてご紹介しました。
細かいコツなど色々ありますが、一番は彼女を気遣う心配りが大切です。
ぜひ日頃から頑張っている彼女を、あなたのマッサージで癒してあげてくださいね。

恋愛・デート #彼女 #マッサージ #喜ぶ #癒す

この記事のライター
寒川あゆみ
寒川あゆみ
大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。 自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。