こんな「仕草」に弱い…! 職場で母性本能をくすぐる男性の「行動」7つ

職場は、仕事をする場所。とはいえ男女が集う場所である以上、恋愛に発展することも珍しくありません。
今回は、女性が職場でおもわず母性本能をくすぐられる男性の仕草・行動7つをご紹介します。仕事中、男性のこんな行動についつい目が釘付けになってしまいます…!

その①|メモ帳に落書きする姿

image1

仕事中、真面目にメモを取っているようで、手帳やノートにちょろっと落書きをしちゃっている男性。

横のデスクに座る男性社員のノートを覗くと、そこには落書きが……。「マジメに仕事しているかと思いきや実は退屈してたんだ…子供みたい…」とつい母性本能がくすぐられてしまします。

筆者も昔、広告代理店に勤めていた当時、デザイナー職の男性社員が自分のノートにくだらない落書きをしている様子をみて、職場のピリピリした雰囲気の中、一瞬ほっこりさせてもたった経験があります。会議室にあるホワイトボードへの落書きもそうですが、オトナになってからの落書きってなぜかワクワクさせますよね。

その②|モリモリ食べる姿

image2

年上でも年下でも、職場の同僚男性と一緒にランチへ出かけて、美味しそうにモリモリ食べる姿はやっぱり魅力的です。

「うわ~おいしそう!」「ここの店、いいね!」などと言いながら、どんぶり茶碗のお米を口いっぱいに放っている姿は、男らしいというよりも食べ盛りの少年をイメージしてしまいます。オトナという立場が生み出すこれもギャップなんでしょうね。

本人はたくさん食べている自覚がなくとも、休憩時間で隙の多いランチタイムは意外と母性本能をくすぐるポイントが満載です。

その③|褒めると照れ笑いする姿

image3

「さっきのスピーチカッコよかったよ!」と褒めると「え!?…はぁ」などと薄いリアクションのくせに、顔は真っ赤で明らかに照れた様子の男性。(こんなんで照れるなんて、可愛いところあるんだな…)と、意外な一面にドキっと母性本能がくすぐられてしまうこともあります。

男性の中には、褒めると調子に乗って偉そうにふんぞり返る人もいますので、たとえ他人に褒められても周りに自慢することもなく、常に謙虚な態度を貫く姿勢は、間違いなく女子ウケが良いはずです。

さらに、そんな男性をみかけると「もっと自信持っていいんだよ」とついヨシヨシしたくもなります。

その④|緊張してセリフを噛む

image4

プレゼンや会議のために一生懸命リハーサルしたはずが、本番で緊張した挙句、思いっきりセリフを噛んでしまう男性。

人前で話すことが苦手なため、本番中にアガってしまうのは可哀想ですが、必死に頑張る姿をみて「助けてあげたい…!」と母性本能がくすぐられるのも事実です。

女性がもつ母性本峰とは、「放っておけない!」「何とかしてあげたい!」という一種のサポートしたいキモチの現れ。”頑張っているのに失敗しちゃう”……そんな男性をみかけると、ついついフォローの手助けをしてしまいたくなってしまうのです。

その⑤|イジける姿が可愛い

image5

仕事中なにかしらの不満を抱える男性って大抵「ふざけんな!」という下品で汚い言葉を使ったり、あからさまに怖い態度でイライラの感情をストレートにぶつけてくる男性が多いですよね。

その一方、まるで子供がイジけたかのように「はぁ~」と深いため息をついたり、口を尖らせて感情を表情にあらわす男性は、高確率で母性本能をくすぐるタイプ。

例えば、お客さんからのクレーム処理後や切羽詰まった会議後など、ふとした瞬間にみせるイジけた表情は、つい「頑張れ~」と応援してあげたくなる仕草のひとつです。

その⑥|ネクタイを締めるのが苦手

image6

職場で午後から大事な商談や面談を控えていたりすると、社内でせっせとネクタイを締める男性の姿をよく見かけます。

社会人になってもロクにネクタイを締められない、締めるのが苦手…ではけして褒められたものではありませんが、不器用で上手にネクタイが締められない…締めるのにモタつく仕草はちょっと母性本能がくすぐられます。

「ホラホラ、やってあげるから!」とつい世話をやきたくなってしまう一コマ。

その⑦|すぐ絆創膏を使う

image7

「イタタタ…」と言って、ちょっとしたかすり傷程度のケガにも丁寧に絆創膏を貼っている男性をみかけると「大袈裟…子供か!」とツッコミたくなります。

そのくらい放っておけば自然に治るでしょ…と思うような軽傷にも関わらず、男性から「ヤバい…絆創膏あります?」と言われると「しょうがないなぁ~」と言いながら、内心(子供みたいで可愛いヤツ…)と思ってしまうんです。

甘え慣れている、甘えることに躊躇しない(本人は甘えている気すらないかも…)男性は、母性本能をくすぐる素質を元々備えている可能性がありますね。

女性が職場で母性本能をくすぐられる瞬間は、男性の「弱い」「不器用」などマイナスギャップの一面をみたとき。いつもはしっかり者・仕事を頑張っている男性の、ふとした瞬間にみかけるダメダメな行動・仕草におもわずドキッとしてしまうのです。
ただし、幼稚っぽい甘えや配慮のない態度は逆に女性から反感を買うので絶対にNG。そこは意外と表裏一体なので、狙って母性本能をくすぐる仕草や行動はオススメしません。

仕事・ビジネス #職場 #仕事 #母性本能くすぐる #男性 #仕草 #行動

この記事のライター
安井カナ
安井カナ
仕事が大好き33歳です。広告会社で働いていましたが、今はフリーライターとして活動中です。ここでしか出逢えない面白いコトを発信していきたいと思っています。
関連記事

会社の飲み会に行きたくない…! 職場の人間関係を壊さない上手な「断り方」6つ

安井カナ

これほど心強い味方はいない! 職場にいる「男前女子」の特徴と向き合い方のコツ

安井カナ

【溜めずに、捨てる】仕事の「断捨離」で得られる効果と、実践する上で見るべきポイント

浅田ちひろ

理解しておきたい!「働きマン」体質な女性の特徴と、彼女たちと仕事を進めるときのポイント2つ

松井 遙

「アイデアマン」と呼ばれる人達は、何してる? クリエイティブな思考を身につけるための習慣4つ

きたの奈々

【ヤクザに学ぶ、男の交渉術!】自分優位に話を進めたい時に役立つヒント4つ

浅田ちひろ

職場の同僚女性が、あなたに「悩み」や「相談」を聞いてほしい時に出すサインとは?

和田 千恵美