【アレ…なんか怒ってる?】突然彼女の機嫌が悪くなる「原因」と「対応策」

彼女とのデート中「アレ…なんか怒ってる?」「別に」「怒ってるじゃん」「…もういい、帰る!」…なんて会話をした経験はありませんか?男性からすれば突然不機嫌スイッチが入ったようにみえる彼女…。急に彼女が不機嫌になる理由は一体何なのでしょうか? 彼女のイライラの原因を探って上手に対応しましょう。

【原因①】面倒くさそうな態度

「ねぇ聞いてる?」「聞いてるよ」「じゃあ私が今話したこと言ってみて」「…」

男性は、自分に興味のない話だった時、退屈な時などには明らかに声のトーンが冷たくなる傾向があります。せっかく一生懸命話しかけてるのに、あからさまにとられる面倒くさそうな態度、そして「私の話を聞いてくれてない!」ということを察知して不機嫌になるのです。

【原因②】歩くスピードがやたら早い

デート中、特に何も話していないのに、気付いたらめっちゃ不機嫌になってた!なんて経験はありませんか?

それは、あなたの歩く速さに追いつけずに疲れているのかもしれません。男性としてはただ少し先を歩いていたつもりでも、10mも離れたら彼女は「一緒に歩く気がない(歩くペース合わせる気がない)なら一人で散歩に行けばいいじゃん!」と不機嫌になります。

【原因③】イライラや不満への文句が多い

男性で意外と多いのが、“どうにもならないこと”への文句。

「なんで渋滞なんだよ」「駐車場全然空いてないじゃん」「天気悪くね?」など、彼女ではどうにもできない文句をぶつけられると、女性は「そんなことでいつまでもゴチャゴチャ文句言って…」とジワジワ不機嫌モードに突入していきます。

あまりに愚痴や文句を多すぎては、つい「もういい…帰ろう」と言いだして大喧嘩に発展してしまうこともありますので要注意。

【原因④】余計な一言・ダメ出しが多い

ちょっとした失敗談を面白おかしく話したら「またかよ」「いつもそのパターンだよね?」と言い返したり、仕事の愚痴を話したら「もっとうまくできないの?」「だから言ったのに」と言い返す。挙句の果てには、彼女とのデート中「なんか今日つまんないねー」と言ってしまう…。

「それ、言う必要ある?」と思ってしまう“余計なひと言”が彼女の不機嫌スイッチを押してしまうのです。

【原因⑤】気遣いの行き違い

デート中にあなたの「疲れた~」という呟きに、「カフェでも入る?」という彼女から提案に「いや、いい」とあなたが断れば、「じゃあもう帰ろうよ」と彼女が言いす…。

デート中に彼女から帰ろうかと言われたら「なんでだよ!」と思いますよね。「疲れたんなら帰れば?」という冷たさを感じるかもしれませんが、彼女にしてみれば「帰ろうという提案=気遣い」なので、別に怒っているわけではありません。

そんな気遣いの行き違い、勘違いからケンカに発展してしまうこともあります。

【対応①】とりあえず謝る

怒る原因は何であれ、彼女が不機嫌になってしまったことに関しては必ず何らかの「理由」があります。

特に生理の時や妊娠中は、ホルモンバランスの影響とは言え、女性同士でも驚くくらい些細なことが気に障ったりすることがあります。イライラの原因を知って「そんなことで!?」と思うこともしばしば…。

ただ、そんな彼女に呆れて、構わずにいれば二人の溝は深まる一方。仮に自分に非のないことでも彼女のイライラが見え隠れしているようなら、とりあえず謝ることが良策です。

【対応②】彼女からの「別に」「放っておいてよ!」を真に受けない

例え彼女が不機嫌になって、あなたのことを突き放そうとしても、本当に突き放されてはいけません。
彼女が不機嫌になる一歩前に、自分が何をしたのか考えてみましょう。「もしかしてアレか!?」と思うことがあれば素直に反省して早々に謝ってしまえばOK。

本当に放っておいてほしそうな時、心当たりがない場合は一度時間を置いてコンビニなどで彼女の好きなスイーツを買って帰り、二人で食べながら不機嫌になった理由をきちんと聞いてあげましょう。

【対応③】本音を隠さず話す

男のプライドが邪魔をするのか、本音で話すことに苦手意識を持っている男性って多いですよね。

ポーカーフェイスがうまい男性は「恥ずかしくて言えない…」「こんなこと言ったら嫌われるかも…」等と、自分が傷つくことを恐れ、本音をカモフラージュするため、察し能力の高い女性でも分かりにくいものです。

そんな隠された心を解き開き、本音で話すことを心掛ければ彼女だって「そうだったのか」と納得してくれるはずです。

【彼女を不機嫌にさせない方法①】どうにもならない文句を言わない

どうにもならない事への文句は極力避けた方がベター。

自分達の力だけではコントロールできない事、今すぐには解消できない問題に対して、いちいち文句を吐き出していてはキリがありません。また、人のイライラは周りにも伝わりますので、どうにもならない事へ文句を言う癖、考え方を改めましょう。

渋滞にハマったら楽しい時間を過ごすために簡単なゲームをする、天気が悪い日なら新しいデートスポットを見つけるチャンス。プラスの発想を心掛けましょう。

【彼女を不機嫌にさせない方法②】無意識の行動には気をつける

歩いている時や部屋でぼんやりしている時は特に「無意識なリアクション」をしがち。もちろんデート中は常に気を張っていなさい、というわけではありません。

彼女が話かけてきたときには、彼女の話だけに集中する、一緒に歩くときは、一人でスタスタ歩くのではなく彼女のスピードに合わせて並んで歩くなど、本当に些細なことを気にかけてあげるだけ。

無意識的にやってしまいそうな行動に気をつける。そんな些細な気遣いこそが、女心を掴むポイントでもあります。

急に彼女が不機嫌になってしまう理由は、男性が原因のコトもあれば、全く関係ないコトもあります。そんな彼女のイライラに巻き込まれ自分もイライラしてしまってはケンカの元。もし彼女の不機嫌を目の当たりにしても、すぐに怒らず「大変だったね」と慰めてあげる姿勢を心掛けましょう。

恋愛・デート #機嫌悪い #不機嫌 #彼女 #カップル #原因 #対応 #怒る #ケンカ

この記事のライター
華見 月
華見 月
気になることはすぐに調べたくなる性分。海外ドラマや映画が好きだけどジャンルが偏りがち。その日にあった嫌なことは大体寝れば忘れていくスタイル。